自分の身体の動き方を評価してみよう
30日 8月 2022
皆様は「基本的な動き」はできていますか?例えばしゃがむ、手を伸ばす、跨ぐなど、日常的に「当然のように含まれる動き」ですが、これらが正しく動かせていないケースが多々あります。それらを評価するツールとして『FMS』というものがあります。詳しい説明は避けますが、FMSとは『Functional Movement Screen』の略であり動き方を数値化して客観視できる「動き方を評価する」ツールです。

食物繊維の摂取が要介護認知症リスクを低下させる
13日 8月 2022
ただし、ヒトは「5度」以上の温度差がある場所を行き来することを繰り返すと、自律神経に悪影響があるといわれています。そうなると「やる気がでない」「なんだかダルイ」「何をするにも億劫だ」となり、食事が簡素なものになりがちです。なるべく、主食・主菜・副菜といった定食スタイルの食事を心がけてみましょう。特に肉・魚・卵といった食材は、良質のタンパク源であり、ビタミン・ミネラルも豊富に含みます。タンパク質は、血液内で保水する働きがあるため脱水症状を防ぐためにも大切です

コンディショニング=ケアではない「下肢コンディショニング」
09日 8月 2022
最近、多くのパーソナルトレーニングジムの中でも「コンディショニングジム」というものが増えてきました。皆様は、この「コンディショニング」というものが何を表しているのかご存じでしょうか?コンディショニングとはマッサージやストレッチだと想像されている方も多いのではないでしょうか?実はこのコンディショニングというもの、それだけではありません。コンディショニングというのは「現状から良い状態に持っていくすべての過程」のことを指します。

柔軟性を上げるメリット
30日 7月 2022
ダンスや競技などで強いられない限り、誰もがそこまでできるようになる必要はありませんが、身体の柔軟性を上げることには様々なメリットがあるのは確かです。今回は、身体が固い人もやわらかい人も必見のメリットを3つ、お話しします。その前にひとつお伝えしておきたいのが、ここからお話しする “柔軟性が上がる” というのはどういう状態かということです。

トレーニングの組み立て方
09日 7月 2022
ファーストクラストレーナーズでは、毎月、コンディショニング研修と題して、トレーナースキル向上のための研修会を行っております。本日はその内容の一部をご紹介します。今回のテーマは「トレーニングの組み立て方」についてお話ししました。トレーニングしたことがある人、もしくは今まで運動があまり得意ではなかった人、「イメージはできているのに何でうまくできないんだろう?」と思ったことはありませんか。トレーニングの種目は、実は複雑な動きの組み合わせです。

筋トレが認知症を防ぐ
02日 7月 2022
2022年4月、順天堂大学からの「サルコペニアと肥満の併発で認知症のリスクが増大」というプレスリリースが発表されました。近年、高齢化社会を迎えるにあたり「フレイル」が社会問題になりつつあります。フレイルは「健康」と「要介護」の中間とされています。サルコペニアとは「筋肉量が減少して筋力低下や、身体機能低下をきたした状態」と定義されます。

ダイエットを成功させる秘訣
01日 6月 2022
「早食いは太る」は本当か?さて、「上手い・早い・安い」という言葉もあるように、食事に時間をかけずに済ませる方も多くいらっしゃることと思います。それは、そもそも食事に興味がなかったり、食事に時間をかける余裕がなかったり、様々な理由が考えられます。しかし、もし「ダイエット」をするのであれば、それはあらためる必要があるかもしれません。子供のころ、親から「もっとよく噛んで食べなさい」と言われたことはありませんか?

パーソナルトレーニングの勧め
02日 5月 2022
梅田東ロータリークラブ様で「パーソナルトレーニングの勧め」という題目で講演をさせていただく機会をいただきました。大手スポーツクラブに通うこと以外に多くの選択肢がある中で「パーソナルトレーニング」は、どのような位置づけなのでしょうか。また、そのメリットは何?まず私たちが提供している「パーソナルトレーニング」というサービスは、高単価商品です。また、目に見えない私たちの「知識」「経験」を売っています。だからこそ、「お客様のご要望にオーダーメイドでお応えすること」に価値があると考えています。

疲労の種類と回復方法
22日 4月 2022
私たちの毎日の生活は、デスクワークで座りっぱなしだったり、軽作業において座ったり立ったりを繰り返したり、もしくはストレッチやランニングなどのスポーツを楽しんだり、様々な環境で「運動」を行っています。その際に感じる「疲労感」は様々ではないでしょうか?私たちの毎日の生活は、デスクワークで座りっぱなしだったり、軽作業において座ったり立ったりを繰り返したり、もしくはストレッチやランニングなどのスポーツを楽しんだり、様々な環境で「運動」を行っています。その際に感じる「疲労感」は様々ではないでしょうか?

筋肉の記憶③~右半身の筋肉運動が左半身の筋肉を育成する~
13日 4月 2022
こんにちは!ファーストクラストレーナーズの菊池です。今回の「筋肉の記憶③」は私の提供する8LOOP のトレーニングメソッドの考えに近く、この考えを応用してトレーニングを考案しています。体幹トレーニングやリハビリなど効率よくカラダを動かしたい、筋力アップしたいとお考えの方は是非お読み下さい「左脳が右手を動かし、右脳が左手を動かしている」なんか聞いたことのある方は多いかと思います。

さらに表示する